翻訳家の仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

語学が好きな方の中には、翻訳業に関心を持つ方が多いです。

翻訳家は個人で始められる職業として人気があるからです。

もしも翻訳家として活躍したいなら、念入りな情報収集を行いましょう。

まずは、仕事内容の詳細について調べることがポイントです。

次に、必要な資格やスキル、お給料などの収入についてチェックすることが大事です。

翻訳家の仕事内容とは

翻訳家の主な仕事内容は、英語やフランス語、中国語などの外国語を日本語に翻訳することです。

逆に、日本語をほかの外国語に翻訳することもありますよね。

翻訳する媒体として、小説やエッセイなどの文芸作品のほかに、ニュースや広告などの商業記事が挙げられています。

さらに、海外の国と取引を行っている金融業や建設業などの企業が、契約書など重要文書の翻訳を依頼することもあります。

企業から、商品に添付する説明書の翻訳を頼まれることも多いです。

また、日本を訪問する外国人の観光客が増えていますよね。

そのために、観光マップや案内書などの翻訳を、自治体や商工会議所などから依頼される仕事が増加しています。

翻訳家として必要な資格やスキル

翻訳家として活躍したいなら、英語検定などの資格試験を受ける方法が有効です。

自分のスキルを示すことができますので、仕事を獲得しやすくなりますよ。

ただし、資格試験に合格しても、実践力や即戦力がなければ、仕事を請け負うことは難しくなります。

依頼された文書を的確に翻訳して、納期を確実に守れることが大切です。

また、英語のほかに得意な外国語を増やしておくと、仕事の幅が拡がります。

ポルトガル語やドイツ語など、仕事を獲得しやすい外国語をチェックしておきましょう。

さらに、医療やITなど、あらゆる業種から翻訳の依頼があります。

それぞれの業種で使用される専門用語を把握することも重要です。

翻訳家のやりがい

翻訳家のやりがいは、日本語や外国語に携われることです。

翻訳家は文章を読んだり書いたり、外国語を学んだりすることが好きな方に向いています。

語学が得意で、日本語や外国語に関わる仕事をしたいなら、翻訳家がぴったりです。

特に、自分で納得できる翻訳文を生み出した時は、大きな喜びを感じられます。

さらに、その翻訳文に対して依頼者から高い評価を得られたならば、よりいっそう翻訳家としてやりがいを持つことができますよ。

得意な語学を活かしながら、満足度の高い仕事ができることは、翻訳家の特徴ですね。

翻訳家として仕事面で大変なこと

翻訳家は、翻訳した文章によって評価されます。

もしも依頼者から納得してもらえなかった時は、書き直しを命じられたり、仕事をキャンセルされたりすることがあります。

そのような事態を避けたいなら、依頼者の期待に応えられるような翻訳文を作成することがコツです。

打ち合わせの段階で、こまめに確認することが大事です。

また、フリーランスの翻訳家を志している方は増えていますから、競争が激しくなる傾向があります。

仕事の依頼が減ってしまう怖れもありますので要注意です。

定期的に仕事を確保したいなら、クオリティの高い翻訳文を心がけましょう。

翻訳家の収入はどれぐらい?

翻訳家の収入は、言語や業種によって異なります。

仕事を受ける場合は、十分な打ち合わせをして単価を確かめておくことが重要です。

尚、文芸作品よりも、商業記事の方が仕事は多い傾向がありますので心得ておきましょう。

さらに、企業と契約を結ぶことによって、高単価な仕事を受注できる可能性があります。

翻訳料金の目安は、一般社団法人の日本翻訳連盟に掲載されています。

https://www.jtf.jp/jp/useful/report_bk/price.html

英語から日本語に翻訳する場合には、1ワードにつき28円から35円です。

医学や薬学の翻訳記事は単価が高いです。

日本語から英語に翻訳する時は1文字あたり20円から30円です。

翻訳家の収入は、実力や仕事の分量によって変わります。

数百万円から1000万円まで幅が広いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*