動画編集の仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

将来はWEB業界で働きたいという人もいるでしょう。

そのなかでも、動画編集の仕事は一人でも出来ますし、自分のペースで進めることが出来るため、希望する人が多い傾向にあります。

動画編集の仕事というのは、具体的にどういったことをするのでしょうか。

また、必要な資格やスキルにはどういったものがあるのでしょうか。

そこで、動画編集の仕事について詳しく紹介します。

動画編集の仕事内容

動画編集の仕事というのは、WEB用に撮影した映像を編集して最適な形にすることです。

WEB動画は、種類によってその長さを変えなくてはいけません。

また、魅力的な映像にするためには不要な箇所を切ることが必要な時もあるのです。

動画編集をする上でメインとなる仕事は、使用するカットを繋いでいくオフライン編集と、映像に合わせて字幕を入れたり、不要な箇所にモザイクを入れたりするオンライン編集があります。

まず、オフライン編集でベースとなる動画を作成し、オンライン編集では効果的な加工を入れます。

動画編集というのは、WEB上で公開する動画をより見やすく、より魅力的にする仕事です。

動画編集に必要資格やスキル

動画編集になるためには、特に資格が必要なわけではありません。

なぜ資格は必要ないかというと、それは動画編集に求められるのは、実力または経験です。

ですが、動画編集が出来るとはいっても、その実力や経験をどのようにアピールしたら良いのかわからないという人もいるでしょう。

まずは自分が作成したSNSの動画やYouTubeなどの画像を加工するなどして、自分の動画編集の腕を見てもらうことが大切です。

しかし持っていた方が強みになることがある資格はあります。

それは、CGクリエイター検定です。

映像編集や動画編集についての知識やCGアニメーションに関する基本も勉強するため、持っていると有利になることもあります。

動画編集のやりがい

動画編集のやりがいというのは、自分の世界を完成させることが出来ることです。

動画というのは、ほんの少し編集するだけで、まったく違う作品になることがあります。

つまり、自分の感性次第で自由な世界を描くことが可能なのです。

そして、自分が考えていることを形にするだけが動画編集の仕事ではありません。

クライアントの希望通りの映像を作成したり、作品に自分のメッセージ性を込めることも出来るのです。

更に、編集した動画が話題となれば更なる飛躍にも繋がるのです。

動画編集の仕事というのは、多くの人の心を動かしたり、自分のキャリアアップにも繋がることが出来る仕事なのです。

動画編集をしていて、仕事面で大変なこと

動画編集の仕事での大変さは、時間がかかるということです。

動画をすべて見て、必要な箇所を残したり、不要な箇所はカットしたりするだけでも長時間かかることが考えられます。

更に、テロップを入れたり効果音を入れたりするだけの作業に数時間かかる場合もあるのです。

ほんの数分の動画を完成させるのに数時間かかる場合もあるのです。

場合によっては、1日中編集の作業に追われることも考えられるのです。

動画編集で大変さを感じる時は、いつ終わるのかわからない編集作業を続けなくてはならないということです。

場合によっては、食事や入浴の時間も減らさなくてはならないことも考えられるのです。

動画編集のお給料(収入)はどれぐらいもらえる?

動画編集のお給料というのは、人それぞれです。

会社によってお給料も変わってきて、知名度の高い会社だったら、一定の給料が補償されていたり、福利厚生などがあり待遇はかなり守られています。

ですが、会社の規模が大きくはない、どちらかというと中小企業の場合は、給料の額が低く、福利厚生を受けることが出来ない可能性よあります。

また、フリーランスの場合には収入が決まっているわけではなく、歩合制の可能性もあるのです。

動画編集の仕事をする時には、お給料についてきちんと確認して決めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*