整体師の仕事内容とは?必要資格や収入事情もご紹介!

整体師は、骨盤矯正や全身のもみほぐし、ストレッチの指導など多岐にわたり専門的な知識や技術が求められます。

特に、ストレス社会においては、リラクゼーションの効果を期待して整体院を訪れる人々が増えていることもあり、経験豊富な整体師へのニーズが高まっています。

そこで、整体師の仕事の特徴について詳しく確認しておきましょう。

整体師が担当する主な仕事内容を把握しよう

整体師は、骨盤の歪みや慢性的な体の痛み、筋肉のコリなど様々な悩みを抱えている人に対して施術を行います。

中でも、整形外科や整骨院に通ってもなかなか解消できない体の不調については整体師の領域となり、手技やストレッチなどをメニューに取り入れている整体院が目立ちます。

整体師は対象者の体の悩みに応じて、適切な施術をスムーズに提案する能力が求められるため、一人前に仕事をこなすために長い期間が必要となります。

また、各地の整体院で代表的なメニューとして採用されている全身のもみほぐしや骨盤矯正などを効果的に行うには、力の加減やツボを押さえるテクニックなどをマスターすることが大切です。

整体師に必要な資格やスキルにはどのようなものがあるか

整体師として仕事を始めるには必ずしもマッサージ師や鍼灸師などの国家資格は必要ないものの、新規顧客やリピーターを確保したりするには、業界内で高く評価されている資格の取得を目指すことが大事です。

整体師の中には、国家資格の取得に向けて専門学校に通ったり、通信教育を受講したりしている人も少なくありません。

また、施術中の事故を防止したり、顧客の満足度を高めたりするには専門スキルの向上が欠かせません。

過去に整体の経験がない人は、血液やリンパの流れの改善に繋がる施術の方法をなかなか覚えられなかったり、顧客の希望に上手く応えられなかったりすることもあります。

そこで、時間やお金に余裕があれば、整体師として最低限のスキルを習得するうえで、業界で長く活躍しているベテランの整体師が講師を務めるセミナーや勉強会に定期的ん参加をすることが有効です。

整体師がやりがいを感じる場面とは

整体師は、仕事上で顧客から施術の感想を聞かせてもらったり、感謝してもらえたりする場面が多く、人と接することに喜びや生きがいを感じる人にとって魅力的な職業と言えます。

たとえば、複数人の整体師が在籍している整体院で働く場合には、常連の顧客に指名してもらえたり、トータルコースの契約をしてもらえた時などにやりがいを感じることができます。

また、やりがいの大きさややりがいを感じる瞬間については人それぞれですが、自信を持って働くには、顧客との距離がなるべく近い整体院を勤務先に選ぶことが重要です。

整体師の仕事で大変なこととは

整体師の仕事は、全身を使って施術を行う機会が多いため、長く仕事を続けている人の中には、体力面で負担を感じやすいといった問題を抱えている人も多くいます。

また、必ずしも自分の施術に満足をしてくれる顧客ばかりではなく、クレームが発生したり、場合によっては謝罪をしたりする場面もあります。

こうした仕事上の大変さは、勤務先の整体院のシステムや施術のメニューなどによって違いがあるため、職場選びの際は自分に合う店舗を見つけることが肝心です。

整体師はどれくらいの給料をもらえるのか

整体師の給料は、整体院にスタッフとして勤めるか、独立して自分の整体院を開くかによっても違ってきます。

一般的に、見習いの整体師として整体院で働く場合は、月に15万円から20万円ほどの給料となっています。

また、整体の施術に直接関係がある資格を取得したり、同じ店舗で長く働いたりすることで、月に数万円から十万円ほどの給料アップを期待することも可能です。

一方、整体の業界は実力や知名度が重視される傾向があり、店舗での勤務を経て独立開業をした整体師の中には、個人事業主として月に百万円以上の収入を稼ぐ人も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*