ウェブデザイナーの仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

ウェブデザイナーとして働く場合、どんな仕事内容なのか、その仕事に必要なスキルにはどういったものがあるのかを知りたい方もいるでしょう。

そこでこの記事では、ウェブデザイナーの一般的な仕事内容から、必要なスキルまでを紹介していきます。

また、ウェブデザイナーの給与はどれくらいなのかも合わせて解説していきます。

仕事内容

ウェブデザイナーは、ホームページのデザインを作成するのが仕事です。

通常はホームページを作成する場合、クライアントの依頼を受けて制作に入ります。

最初の段階では、クライアントの意向に沿ってデザインを作成していきますが、この段階ではホームページとして作るのではなく、画像加工ソフトを使ってデザインだけを作ります。

いくつかの種類のデザインを画像ソフトで作り、クライアントに確認をしてもらって納得してもらえば、実際にホームページとして制作するのが基本です。

いきなりホームページを作らないで画像だけで作成する理由は、ホームページとして作っている段階でクライアントが修正依頼をした場合、ホームページそのものを修正しないといけなくなり手間と時間がかかります。

そのため、最初は画像だけで全体のデザインを作って、クライアントが納得してからホームページを作成します。

必要資格やスキル

ウェブデザイナーで必要なスキルとしては、画像加工ソフトを使える知識が必要です。

デザインを作成するなら必ず使うので、画像を作成できるスキルは必須となります。

また、デザインを作るだけでなく、ホームページそのものを作る知識も必要です。

例えば、ホームページを作る場合は「HTML」や「CSS」などの言語を習得しないといけません。

「HTML」や「CSS」はホームページのレイアウトを作成するのに必要な言語なので、ウェブデザイナーになるなら覚えておく必要があります。

また、デザインとは直接関係がありませんが、システム開発もできると仕事で役に立ちます。

Web系のシステムとしては、例えばブログのようにパスワードでログインしてホームページの更新をできるようにしたり、ネットショップなどの決算システムを構築したりと、プログラム関連の知識があると便利です。

ウェブデザイナーはホームページのデザインを中心に、様々な仕事を請け負う可能性があります。

仕事がホームページのデザインだけで終わる場合もありますが、それに関連するシステムもセットで作成することもあるので、Webに関係するスキルを多く持っていると仕事に活かせます。

また、ウェブデザイナーをする上で必要な資格はなく、どちらかというと資格よりも今までの実績や作品が重要になります。

やりがい

ウェブデザイナーのやりがいとしては、自分の作ったデザインがネット上に公開されることです。

インターネットで公開されるということは、日本だけでなく世界中の人が見てくれる可能性があります。

そういったデザインを自分で作り出せるのは、大きなやりがいです。

また、多くの作品を作って実績を残していくと知名度が上がっていくので、それで有名になればクライアントの方から直接指名されて仕事を請け負う場合もあります。

そのため、業界で名前が知れて有名になっていくと、今までの自分の作品が評価されたと実感できます。

仕事面で大変なこと

仕事で大変なことは、例えばクライアントから突然修正依頼を受けて、対応に追われる場合があります。

基本的に納期に間に合わせないといけないので、納期直前に大規模な修正が入ると残業で仕事をしなければいけなくなります。

クライアントによってはスムーズに制作が進まない場合もあり、仕事量が増えてしまう恐れがあります。

お給料(収入)はどれぐらいもらえる?

ウェブデザイナーの年収は、年齢や性別によって差があります。

例えば、男性の場合は年収が約400万円で、女性が約300万円です。

また、20代だと約310万円、30代は約360万円、40代は390万円となります。

もちろん、スキルによって年収に大きな差があるので、あくまで目安の年収となります。

実力次第で、1,000万円の年収をもらえる人もいるでしょう。

出典元:https://www.change-job.net/entry/webdesigner-salary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*