Webライターの仕事内容とは?必要資格やお給料事情もご紹介!

進路を探していると「組織に属さないで個人の力で稼いでみたい」という欲求が生じてくることもあるのではないでしょうか。

最近ではインターネットの発達により、会社に所属しないで生計を立てている人も増えています。

中でも主婦や学生に人気なのがWebライターです。

この記事ではWebライターの魅力や仕事内容、お給料についてご紹介します。

仕事内容

クライアントの依頼に合わせて文章を書くイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

もちろん、それが主な仕事はあるのですが、「文章を書くための情報収集」、「記事構成」、「タイトルの作成」なども業務内容に含まれることが多いです。

情報収集では、ネットや本から記事を書くのに必要な情報を探します。

そして、どのような順番で記事を並べるかを「記事構成」で考え、読者に伝わる魅力的な「タイトルの作成」を行います。

必要資格やスキル

必要な資格はなく、思い立ったらクラウドソーシングサイトに登録してすぐに始められる仕事です。

しかし、将来的に単価を上げていったり、生計を立てたいと考えている場合にはやはり資格を取ったほうがクライアントの信頼につながります。

一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が主催する「WEBライティング技能検定」は民間資格ですがある程度の知名度があるので、取得しておけば記事単価が上がったり、仕事を取るときのアピール材料として使えます。

資格以外にライターとして必要なスキルとして必要とされるのは基本的な文章力や情報収集能力です。

文章力があれば読みやすい文章を書くことができますし、さまざまな記事を書くWebライターには、その場その場で読者が知りたい情報を集める情報収集能力が欠かせません。

また、Webサイトを上位表示させるためのSEO対策スキルも必要です。

SEOとは、ネットエンジン最適化のことで、検索ワードを上位表示させて多くの人の目に止まりやすくする対策のことです。

多くの人が記事を検索するWeb上で記事が埋まらないために身につけておくべきスキルです。

やりがい

美容や転職などさまざまなカテゴリについての記事を書くために情報収集をすることになるので、知識の幅が広がります。

好奇心旺盛な方や知識欲が旺盛な方はやりがいを感じることができるでしょう。

また、文章力が高まるのも魅力のひとつです。

文章は書けば書くほどスキルが上がるのですが、人に添削してもらうことでより成長スピードが高まります。

Webライターの仕事をしていると、クライアントから文章を添削してもらえるので、スキルアップする楽しさを感じることができるでしょう。

また、書いた記事はネット上にアップロードされて多くの人の目に留まります。

自分の書いた文章で人に大きな影響を与えられることもやりがいの一つといえるでしょう。

仕事面で大変なこと

会社に所属していないので誰かから仕事を与えられるということはありません。

主体的に動いて仕事を受注しなければならないことは大変さの一つでしょう。

また、案件によっては時間内に文章を入力できなければその案件は終了し、別のライターに仕事が回ってしまうというものがあるので、スピード感を持って仕事をしなければなりません。

他にも、納品物に誤字・脱字、ルールに外れているなどの不備があれば差し戻されたり、クライアントに受理してもらえなくなることもあります。

その場合、お金はもらえないことがあるので、記事を書くのにかけた時間がお金につながらないこともあります。

お給料(収入)はどれぐらいもらえる?

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会「フリーランス白書」によると文筆系(ライター、イラストレーター、編集者、翻訳、通訳)は200万未満が最も多く32.0%、次が200〜400万未満で26.9%になっめています。

働けば働いた分だけお給料が増えていく職業なので、一ヶ月あたりの給料は1万円の方もいれば40万円という方もいるというように、収入は人によってさまざまです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*